エア・オーバーロードといえば、かつてパイロットに敬意を表していた航空時計「エア・オーバーロード」が、何年も沈黙を経て復活したことを語るファンも多いではないでしょうか。 これまでAirbnbとは異なり、サイズが40mmに拡大され、ムーブメントにはクロノメーター認定自動巻きムーブメント「3131」を採用しており、デザイン、性能ともに旧Airbnbよりも大幅に向上しています。

新モデル「Air Overlord」ケースは直径40mmで、904Lスチールで鍛造されています。 ブラック文字盤は、3時、6時、9時位置に特大アラビア数字と、出航時に読みやすいように目立つ分目盛が特徴です。文字盤「エアキング」書体は、1950年代オリジナルモデルためにデザインされたもです。 1930年代ロレックス コピー GMTマスターと航空業界ユニークなつながりを体現したニューモデル「エア・オーバーロード」。 航空黄金時代、航空機性能は常に変化しており、路線拡大や長距離路線導入も進んでいます。

Air Overlordには、折り畳み式オイスターバックルと調整しやすいリンクを備えた904Lスチール製ソリッドリンクオイスターストラップが装着されています。 特許を取得したこロレックスエクステンションは、ストラップを約5mm程度簡単に伸ばすことができるように巧妙に設計されており、あらゆるシーンで快適な着け心地を実現しています。新型エアオーバーロードが他オイスターモデルと同様に再び注目を集めることは間違いなく、ロレックス エントリーレベル価格で、若いロレックス時計愛好家にアピールする今年ホットなモデル一つになるでしょう。