著名な時計デザイナーであるジェラルド・ジェンタは、同ブランドためにモダンでラグジュアリーなスポーツウォッチ制作を依頼され、歴史的な美術館所蔵品からインスピレーションを得て、1934年にルイ・カルティエスーパーコピー販売がデザインし特許を取得したヴァンドームラグとラウンドケース、そして突出した巻き上げ式リューズを巧みに組み合わせた「カルティエ パシャ」が同年に誕生しました。これにより、非常に表情豊かな時計が誕生しましたが、現在でもそ魅力は失われていません。

30年時を経て、期間限定トゥールビヨンからスケルトン化されたトゥールビヨン、ダイヤモンドをセットしたバージョンまで、メンズ、レディースともに充実したコレクションを展開し、に再び登場した「パシャ」。文字盤スクエアなフィリグリートラックは、全体デザインとは対照的です。一体感ないデザインように、相反するもを調和させています。パシャ ドゥ カルティエ主要なデザイン要素一つは、ケース右側にあるチェーンリンク式リューズです。フルーテッド リューズ キャップ下に隠されたリューズには、ブルー スピネルまたはサファイアが装着されています。

新しい「パシャ ドゥ カルティエ」には、時代エスプリを感じさせる革新的なブレスレットが付属しています。カルティエコピーが開発したクイックスイッチシステムは、すべてベルトとメタルリンクを交換することができます。こ機構はほとんど目に見えず、ケース下に配置されています。ボタンひとつで作動します。こ最先端テクノロジーは、メタルブレスレットサイジングに、最も近いリンクへサイジングを加えたもで、SmartLinkシステムは特許を取得しており、オーナーは工具を使わずにチェーンベルト長さを調整することができます。各SmartLinkリンクには、リテーナーバーを解放するボタンが装備されており、メタルリンクを取り外したり、追加したりすることができます。